本ページはプロモーションが含まれています

ドラマ「リバーサルオーケストラ」の今までのあらすじやロケ地、出演者などまとめ

リバーサルオーケストラいろいろ知りたいあれこれ

ドラマ「リバーサルオーケストラ」が人気です。

刑事者や医療者が多い昨今のドラマの中で、音楽ものは心がホッとして安心して見ていられますね。

そんなドラマ「リバーサルオーケストラ」の今までのあらすじやロケ地、出演者についてまとめました。これを知ることで、今まで以上にドラマが楽しめること間違いなしです♪

「リバーサルオーケストラ」今までのあらすじ

「リバーサル」とは反転・逆転という意味。ダメダメなポンコツオーケストラが逆転していく過程が、音楽とともに楽しめるドラマです♪

地味な市役所職員・谷岡初音(門脇麦)は実は元天才バイオリン少女。ある出来事がきっかけで表舞台から姿を消します。

ヨーロッパで活躍中の指揮者・常葉朝陽(田中圭)は父親に日本に呼び出されて、父親が市長を務める地元のダメダメなオーケストラ・児玉交響楽団を再生するように頼まれます。

ひょんなことから谷岡初音の存在を知った朝陽が、市長を介して谷岡を巻き込み児玉交響楽団(玉響)を再生する物語です。

見逃し配信は最新話までこちらで楽しめます

海外ドラマバナー

第1話のあらすじと見どころは?

埼玉県のはずれにある、のどかな街・西さいたま市には、児玉交響楽団、略して玉響があります。

市長は音楽で地域の活性化を図るべく、立派なシンフォニーホールを建設しており、新しく出来るホールの『こけら落とし公演』に玉響を考えていました。

しかし、次期市長を狙う市会議員・本宮に反対されてしまいます。ポンコツオーケストラの玉響では満席にできないという主張です。

地元の玉響を大切に想い、玉響でホールを満席にしたい市長は、

満席にできなければ、辞任する!

と言ってしまいました。

市長は起死回生の策として、息子で世界的指揮者の朝陽をドイツから

お母さんが危篤だ

と嘘をついて呼び戻し、玉響の再生を託します。

朝陽は谷岡初音をいきなり、コンサートマスターとして玉響のメンバーに紹介して練習が始まります。

第1話で演奏する曲
ファランドール(ジョルジュ・ビゼー作曲 アルルの女の1曲)
ウイリアムテル・序曲 スイス軍の行進

1話の見どころはなんといっても、
谷岡初音が楽しそうに演奏するところ
ポンコツオーケストラに指揮者の朝陽がイライラするところでしょうか?

悪役設定の市議会議員・本宮や、海外から凱旋した有名バイオリニスト・三島彰一郎との今後の絡みも気になります。

第2話のあらすじと見どころは?

フルート奏者の蒼(あおい)は遅刻を繰り返し、問題児でした。他のメンバーにも打ち解けずに、やる気も見えない蒼の様子に朝陽やメンバーはイライラし始めます。

朝陽から遅刻の理由を探るように言われた初音は、蒼を尾行して事情を知ります。金銭的に苦しいためバイトを掛け持ちして、さらに家賃も払えず、他のオーケストラの試験に落ち、親からの理解もないというひどい状況でした。

さらに、蒼のお父さんが病気になり、実家に帰って家業を継ぐように言われます。

朝陽は
・練習に両親を呼び理解を求めた
・蒼を初音の家に下宿させるようにした

そして初音たちは
・SNSを利用して、蒼がフルートのオンラインレッスンで収入を得られるようにした

などで、蒼がみんなに打ちとけて和やかになります。

第2話で演奏する曲は
威風堂々(エドワードエルガー作曲)

見どころは、蒼の変化です。頑なだった蒼が笑顔を見せるようになり、見ている私もホッとします。

音楽を続けることの大変さや、それでも好きな音楽を続けたいという情熱も感じて胸が熱くなりました。

 

第3話のあらすじと見どころは?

フルートの蒼の初音の家での下宿生活がスタートします。フルートのオンラインレッスンなど順調に見えていましたが、突然ティンパニストが退団してしまいます。本宮議員の陰謀でした。

初音は朝陽からある人物の名前を渡されて、ティンパニストとしてスカウトしてくるように言われます。

無事に新しいティンパニストが入り、またもや妨害工作がありながらも市内の中学校の吹奏楽発表会での演奏は成功します。

演奏会での曲
威風堂々
見どころはなんといっても、新しいティンパニストである渋川清彦さんです。

渋川さんのドラム演奏を聴ける神回という評判です!

第4話にあらすじと見どころは?

演奏会が成功してやる気になった玉響メンバーは出張オケをやろうと盛り上がっています。

ヴィオラ担当のみどりは大学受験を控えた高校生の娘がいるお母さん。夫の理解もなく、練習時間や場所もなく苦労していました。

そして娘とのすれ違いに心を痛め、娘が受験を終えるまでは玉響を休団すると言い出します。

出張オケの企画を決め、朝陽に「プロの演奏家としてプライドを持ってやって頂かないと困ります。」と言われてみどりも参加します。

出張オケの場所は娘の高校で、演奏曲は娘が部活のチアリーディング最後の大会で踊った曲でした。演奏はみどりのソロと玉響の演出に大盛り上がりでした。

娘に「これ、うちのお母さん」と友達に自慢げに紹介され。笑顔で夢を語ってくれる娘にみどりは涙しながら休団を取りやめます。

演奏曲
Mela!(緑黄色社会)
見どころはなんといっても、出張オケの演奏場面です。

「ここでこの曲を選曲するのは泣かせる!」「この曲は全ての受験生への応援になっているよね。」などのSNSへの書き込みが多くありました。

第5話のあらすじと見どころは?

またもや本宮議員の陰謀で練習場所がなくなった玉響は、朝陽の実家の常葉酒蔵で練習を始めます。

朝陽は定期演奏会とこけら落とし公演以外に、10日後のバレンタイン・ガラコンサートに出演することに決めました。定期演奏会ではチャイコフスキーのバイオリンコンチェルトを演奏する予定ですが、ガラコンサートでは『カルメン』を演奏すると言われて、初音は自分のスランプのせいだと落ち込みます。

多忙の疲れから朝陽が倒れ、朝陽の幼馴染から「音楽をやめようと悩んでいた朝陽が、初音の演奏を聴いて音楽と生きていくことを決めた。」と聞き

私を見つけてくれてありがとう

演奏曲
バイオリンコンチェルト(チャイコフスキー)

カルメン(ジョルジュ・ビゼー作曲のオペラ)
見どころは、朝陽と初音の関係性が変わりそうなキュンとする場面です。朝陽と団員との心の距離が近づいていくところも見どころです。

第6話のあらすじと見どころは?

チェロの玲緒(れお)がメインです。自分のソロがない曲を演奏することになり、自分が下手だからと思い込んだ玲緒は練習を休んでコソ練します。

ティンパニスト・藤谷に「自分たちは努力する才能があるんだ。戻ってこいよ。」と言われて音楽に真剣に向き合うことになります。

またもや本宮議員の陰謀で、ガラコンサート本番では出演中止にされてしまいました。なんと玉響はロビーで演奏します。

演奏曲
カルメン

見どころは、とにかくカルメンの演奏です。本当にかっこよかったですね!

そして、とうとう蒼が初音に告白します。

胸がキュンキュンしましたね♪

第7話のあらすじと見どころは?

初音のテレビ出演に因んで、演奏会のステージから逃亡した過去が非難されたりと波乱があります。

正式に玉響の団員になって欲しいと言われて、音楽の道で生きて行くのかどうか悩む場面もあります。

朝陽は定期演奏会の曲を、ベートーベンの交響曲第5番『運命』に決めて練習を始めます。

今回はオーボエ・穂苅のエピソードが中心になりそうです。

リバーサルオーケストラのロケ地は?

ドラマの主なロケ地について調べました。

玉響の練習場所「西さいたま市民センター」外観と屋上:川崎市上下水道局 長沢浄水場
西さいたま公民館:木更津市民会館
西さいたま市民会館:野田ガスホール(野田市市民会館)
初音の勤務場所「西さいたま市役所」外観:日本女子大学 西生田キャンパス
たにおかバイオリン教室外観:田畑家住宅主屋
朝陽の実家 常葉酒造:石川酒造株式会社(東京都福生市)
バレンタイン・ガラコンサートの会場:パシフィコ横浜国立大ホール

ロケ地巡りツアーも楽しみですね!

玉響を監修しているオケはどこ?

ドラマの特別協力として、神奈川フィルハーモニー管弦楽団のお名前が載っています。

音楽担当は清塚信也さんです。

リバーサルオーケストラの出演者がすごい!

主役の門脇麦さん、朝陽役の田中圭さんはもちろんですが共演者も豪華ですよね!

初音に恋するフルート・蒼:坂東龍汰さん
ティンパニスト・藤谷:渋川清彦さん
悪役の本宮議員:津田健次郎さん
朝陽の父親で市長:生瀬勝久さん

特に津田健次郎さんは、市長と敵対する本宮議員を熱演されていて、毎回どんな妨害をするのか楽しみですよね。

ちょっと悪い顔がツボります。

すべての作品が見放題【ABEMA】

まとめ

毎週、良い音楽と人間模様を見せてくれる「リバーサルオーケストラ」から目が離せません。

児玉交響楽団はリバーサルできるのでしょうか?蒼の恋心はどうなるのか?朝陽と初音の関係は?など、見どころが多いドラマです。

何度も見返したいドラマですね!

{IMAGE_URL}{CLICK_LINK}
  • {BODY_TEXT}
  • {IMAGE_URL}{CLICK_LINK}
  • {BODY_TEXT}